主な診療と治療

骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤など)

骨盤臓器脱とはどのような病気ですか?

骨盤臓器脱とは、骨盤の中にある臓器(膀胱、子宮、直腸など)を支える筋肉が緩んでしまい、膣から脱出してきてしまう女性特有の病気です。相談しづらい症状と思ってしまう患者さんも多いのですが、非常に多くの方に生じるもので、欧米では出産を経験した女性の30-40%に骨盤臓器脱が見られたという報告もあります。

骨盤臓器脱にはどのような症状がありますか?

骨盤臓器が膣から脱出することで、不快な感じや下着に触れる痛みを自覚します。重力の影響を受けますので、寝ている間は元に戻っていますが、日中立っている時間経過とともに臓器が下がってくるため、午後になると特に症状を強く自覚することもあります。
また、膀胱や直腸が脱出するために、尿や便が出にくくなるという症状が出ることがあります。

骨盤臓器脱の原因は何ですか?

出産時にダメージを受けた骨盤臓器を支える骨盤底筋が、加齢とともに弱くなることで、骨盤臓器が脱出してきます。
自然分娩の回数が多いほど起こりやすくなりますが、帝王切開でしか出産していない方でも、あるいは出産歴がない方でも生じることはあります。

骨盤臓器脱はどうすれば予防できますか?

初期の子宮脱以外は、いったん骨盤臓器脱になってしまうと、骨盤底筋訓練をしても元には戻りません(進行を抑えてくれる可能性はあります)。薬で治すこともできないので、骨盤臓器脱の治療は手術が基本になります。手術にはいくつもの方法があり、腹腔鏡でのアプローチでメッシュを使用するもの(腹腔鏡下仙骨膣固定術)、膣からのアプローチでメッシュを使用するもの(TVM手術)、メッシュを用いずにお腹あるいは膣からのアプローチで膣壁を補強するものなどが行われます。それぞれの手術には利点・欠点がありますので、詳しくは担当医にお尋ねください。また、手術が受けられないような方にはペッサリーリングを挿入して、定期的に交換するという方法もあります。しかし、常に異物が膣内にあることで不快感を自覚する、あるいは膣粘膜が荒れることで出血やおりものが出現するといった状態になることが多く、一般的には長期間にわたる治療としての第一選択にはなりません。

骨盤臓器脱の治療はどのようなものがありますか?

骨盤底筋訓練(膣や肛門をしめる運動を繰り返します)は、骨盤臓器脱の予防には有効です。また、肥満や便秘が症状の進行に影響を与えると報告されていますので、体重や排便のコントロールも重要と考えます。

骨盤臓器脱の治療によるデメリットはありますか?

いずれの手術でも膣に影響を与えるので、性交渉の際に痛みを感じるなどの問題が生じる可能性があります。メッシュを使用する手術では、メッシュにより膣粘膜、膀胱粘膜などが荒れてくることがあり、そのため痛みやおりものの増加、膀胱炎症状などが出現することがあります。場合によってはメッシュを摘出する手術が必要になります。一方、メッシュを使用しない手術では、比較的高い頻度で骨盤臓器脱が再発してしまうことが問題となります。膀胱瘤の手術後には約30%の方に尿失禁が生じると言われています。

骨盤臓器脱を放置するとどうなりますか?

一般的には放置しても症状が持続するだけで、命にかかわるようなことはありません。ただ、自然に治ることはありませんので、不快な症状はずっと持続することになります。また、排尿障害が強くなってくると、腎不全にいたることがごくまれにあります。

文責:横山