治療と検査開発

臓器温存がん治療

当教室では、患者さんの最大利益を目指し、以下の膀胱癌、腎癌、前立腺癌に対する3つの臓器温存・部分治療について、開発・洗練を行っています。

  • 浸潤性膀胱癌に対する、膀胱温存治療法=LCRT-PC法(低用量の化学放射線療法+低侵襲の膀胱部分切除+骨盤リンパ節郭清)

  • 小径腎がんに対する、腎機能を最も保つ低侵襲手術=無阻血・ガスレス・シングルポート・腎部分切除法

  • 前立腺がんに対する、小線源療法を用いた前立腺部分治療法