先進的な医療

全身の拡散強調MRI画像(前立腺がん)

DWIBS法による全身の拡散強調MRI画像について
および DWIBS法を用いたホルモン療法抵抗性前立腺がんに対する標的放射線
治療について

DWIBS法を用いて、侵襲なく(放射線被曝なし、造影剤なし)、一度に全身のがんの広がりと活動性を評価

拡散強調MRIは組織内の水分子の動きである拡散運動を画像化する機能的画像診断法です。がん組織を明瞭な高信号として描出し、周囲の正常組織の信号を抑制するため、拡散強調MRIはがん組織の診断に優れております。
拡散強調MRIについてはこちらを参照ください。

これまで通常のMRI検査では、一度の検査では体の一部分のみの評価しか行えませんでした。しかしながら、2004年に、Diffusion-weighted whole-body imaging with background body signal suppression (DWIBS)法(ドゥイブス法)が開発され、全身の拡散強調MRIを一度の検査で撮影することができるようになりました1)。拡散強調MRIは、造影剤を使用しなくても撮影可能なため、DWIBS法は安価かつ安全に、一度に全身を評価できる画像法です。

DWIBS法は全身のがん病変の拾い上げを可能とするとともに、がん組織の活性の評価、また治療効果判定を含めた経過観察等における有用性が高いことが示されており、多くのがんの評価に使用されるようになってきました。当科では、DWIBS法を泌尿器がんの広がりの評価に使用しております。

  1. 1) Takahara, T., Imai, Y., Yamashita, T. et al.: Diffusion weighted whole body imaging with background body signal suppression (DWIBS): technical improvement using free breathing, STIR and high resolution 3D display. Radiat Med, 22: 275, 2004

前立腺がんに対する全身拡散強調MRI

全身拡散強調MRIを併用した全身MRIの前立腺がんのステージングの診断能は、従来より使用されてきた検査法と比較して、同等-良好とされています。特に前立腺がんに多い骨転移(造骨型)の評価には、造骨性変化としての骨の代謝を画像化する骨シンチグラフィーよりも感度に優れています。また、 これまで造骨型骨転移の活動性や治療効果の評価は困難でありましたが、近年、骨髄内の腫瘍の状態や細胞密度を反映するMRIや拡散強調MRIによる、溶骨型および造骨型を含めた転移性骨病変の治療効果法が提示されています。これまで、前立腺がんの治療効果は、全身の病変量全体を反映した、血清マーカーであるPSA値の変化により評価されてきましたが、DWIBS法を併用した全身MRI検査により、転移性病変それぞれに対する治療効果の評価が可能になると考えています。

DWIBS法により同定されたホルモン療法抵抗性前立腺がんの活動性病変に対する標的放射線治療

転移性前立腺がんに対しては、主にホルモン療法や抗がん剤治療が行われております。しかしながら、近年、転移箇所が限られた転移性前立腺がんの方に、前立腺局所や転移部位に対する積極的な治療も考慮されています。当科では、DWIBS法を併用した全身MRI検査にて、転移箇所が限られていると判断される、ホルモン療法に抵抗性となった前立腺がんの方に対して、ホルモン療法や抗がん剤治療に加えて、前立腺局所や転移部位に対する放射線治療を行っており、良好な治療効果が得られています。

DWIBS法を用いた全身MRI検査をご希望される方は当院外来医師にご相談ください。

  • DWIBS法を含めた全身のMRI検査は非常に多くの情報を含んでおります。そこで、全身の画像情報を直感的に一見で把握するのに、DWIBS法の最大値投影像(MIP: maximum intensity projection)の回転表示像の観察が有用です。

  • DWIBS法の信号と従来の画像法を重ね合わせたFusion画像により、一見して活動性の病変の広がりが評価できます。