お知らせ

2021年5月より「泌尿器がん臓器温存外来」を開始しました。

2021年5月より「泌尿器がん臓器温存外来」を開始しました(火曜日・木曜日 午前9時~11時)。受診方法はこちらをご覧ください。

「泌尿器がん臓器温存外来」の設置について

私たちは、前立腺がん、筋層浸潤膀胱がん、腎臓がんに対する臓器温存治療を希望される患者さんを対象とする、「泌尿器がん臓器温存外来」という専門外来を国内で初めて設置いたしました。

当科ではこれまで、前立腺がん、筋層浸潤膀胱がん、腎臓がんに対して、癌の根治と臓器機能の温存を両立させる「臓器温存治療」に注力してまいりました。放射線治療科との協力体制による集学的治療として、前立腺がんに対しては小線源療法を用いた前立腺部分治療、筋層浸潤膀胱がんに対しては経尿道的膀胱腫瘍切除と化学放射線療法を併用し部分治療(膀胱部分切除)を行う4者併用膀胱温存療法という、特徴的な治療を開発し施行しています。腎臓がんに対しては、当科で開発、実践してきましたミニマム創内視鏡下無阻血腎部分切除と、世界の標準的手術であるロボット支援腎部分切除術を患者さんの病状に合わせて選択し施行しております。

「泌尿器がん臓器温存外来」の対象患者さんは、臓器温存治療を希望する前立腺がん、筋層浸潤膀胱がん、腎臓がんの方です。ただし、臓器温存治療を行うにあたって、病状に一定の条件を満たす必要があり、全ての患者さんに臓器を温存した治療ができるものではありません。

これまでの治療実績

前立腺癌部分小線源療法:  2010年―2020年(11年) 70名
四者併用膀胱温存療法:  2015年―2019年(5年) 64名
ミニマム創内視鏡下腎部分切除術:  2011年―2020年 (10年) 548名

泌尿器科科長・腎泌尿器外科学分野教授 藤井靖久
2021年5月